Top

Weee Areee D.S.C!!!!!
by dejavusoundcrew
<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
富家哲
どうも、G'です。

まずはwikiより。

富家哲
早稲田大学在学中、デモテープがハウスのDJ、フランキー・ナックルズに認められ、1989年に、ロンドンレコード(ffrr)からリリースしたシングル「Tears」でデビューを果す。「Tears」は、イギリスの「レコードミラー」誌クラブ・チャートにて3位、アメリカの「ビルボード」誌ダンス・チャート(Hot Dance Music/Club Play)では10位を記録した。2ndシングル「そして僕は君を愛した/And I Loved You」は、「ビルボード」誌ダンス・チャート(Hot Dance Music/Club Play)にて32位を記録している。2000年、1stアルバム「Full Lick」を発表。シングルカットされた「Up In Flames」は、ジョン・ディグウィード等によりリミックスされ、「ビルボード」誌ダンス・チャート(Hot Dance Music/Club Play)において4位のヒットを記録した。2001年に、自身のレーベルSaw.Recordingsを設立。2002年、MIX CDシリーズGlobal Undergroundの「NuBreed:006」を手掛ける。同年、イギリスのクラブ・ミュージック・マガジン「DJ」誌にて発表された世界のDJ年間ランキング"Top 100 DJs"では27位を記録した。また、2005年にアメリカのクラブ・ミュージック・マガジン「bpm」誌が発表したDJランキング"America's Favorite DJ Top 150"では15位を記録している。坂本龍一、シンプリー・レッド、デヴィッド・ボウイ、マイケル・ジャクソン、マドンナ、マライア・キャリー、U2のリミックスを手掛けている。



今から10年以上前、僕はまだDJを始めたばかりで、地元の先輩の家に遊びに行くといつもあるMIX-CDを聴かせてもらって勉強していました。
そのCDとはこちら
ON THE WHEELS OF STEEL / SATOSHI TOMIIE
c0010010_234491.jpg

その中に収録されているDRUNK ON LOVE/BASIA

こちらは原曲ですが、ROGER SのREMIXがこれまたたまらない一曲なんですよね~。
いまだに好きな方も多いのでは?

富家哲氏のDJは、新宿LIQUIDROOMと仙台SQUALL(あの伝説のイベントNu-STYLE!!!)で二回程聴いたことがあるのですが、どちらも素晴しかったです。
まさに日本が世界に誇るべきアーティスト。

Ryuichi Sakamoto & Satoshi Tomiie - Tong Poo

楽しそう~。

Loop 7 - The Theme (Lamento)

STRICTRY RHYTHMは90年代HOUSE MUSICの宝箱ですね。途中のピッチダウンがまたもう!

K-JEE - Satoshi Tomiie

言わずもがなのCLASSIC。
最初に紹介したON THE WHEELS OF STEEL / SATOSHI TOMIIEにも収録。絶妙なタイミングでMIXされています。
Deja vuではDOONさんが良く朝方に向けて流すイメージがありますね~。

進化を恐れず常に進化し続けるアーティスト、富家哲氏。
これからの活躍も期待したいです。



最後に、これまた大好きなアーティストTOM MIDDLETONが新しいアルバムをDROPすると聞いて楽しみにしていたのですが、日本での発売が延期してる模様です。
c0010010_23505237.jpg

Mixed&Unmixedの2枚構成とのことですが、気になるクレジットがありましたよ。

Derrick May / Strings Of Life - Tom Middleton Remodel

まだ聴いてませんが、この組み合わせだけで鼻血ものです…。

発売を心待ちにしています!!

Posted by G'
[PR]
by dejavusoundcrew | 2009-05-22 23:56 | GASPIN'
れ〜み〜
どうも、かなりお久しぶりMARIKOです。

最近は仕事にやられてほんとおとなしくしております。
飲みにいきたくていきたくてしかたないのですが、いけません。そんなわけでこの頃は家で自分でチューハイとかつくって飲んでます。

よくいくお店で「れ〜み〜」という飲み物を飲んでます。昔、アイスコーヒーのことを「れーこー」という人がいましたね、冷えた珈琲といういみで「冷コー」ですよ、はい。で、私がのむレーミーとは「レモン水」でレーミーです。レモンハイと思ったあなた、その通りです。

でも、不思議ですね、なんというかレモンハイを「レーミー」と呼ぶだけでなんか自分は特別な飲み物をしっている、そんな気分になります。そのお店には「ガリガリ君」とか「グレミー」とかいろんなネーミングの普通の飲み物があるんだけど、なんかそこにいくと、あたかも自分は常連だぜ、という気分ではばをきかせる私がいます。

DEJAVUでも実は隠れドリンクで「DEJA DRINK」というのがあるんですが、みなさま、しってますか??一時期はDEJA DRINKが大人気で専用グラスがなくなって大変だったな〜〜なんて思います。最近はもはやDEJA DRINKというかMARIKO DRINKがテキーラにかわってしまい、その存在がしられてませんが、あるんですよ。毎回違う味をスタッフのかたにMIXしていただき、私が濃度やら味をこうしてくだちゃいとおねがいしたりしてつくっていたんです。

そんなわけで次回デジャブでは是非ドリンク試してみて下さい(^ー^)


それでは告知です。


NEXT DEJA VU.......



Deja vu

2009.6.5.fri
open >>>21:00〜
@clubADD sendai

fee:2000yen/2drink
(22時まで入場の方に限り1000yen/1drink)

DJs:
KOHTARO
DOON
C-TAKA
ATSUSHI

ORGANIZER : MARIKO



今回は久しぶりにDJ C-TAKAがPLAY!!!!!
中国でも世界各国でもレコードは買い続けた彼の音楽への想いを是非感じて下さい。

おまちしております〜〜〜!!!!!

c0010010_0595017.jpg

[PR]
by dejavusoundcrew | 2009-05-21 01:00 | MARIKO
お久しぶりです!
みなさんかなりお久しぶりです。
もしかしたら初めましてという方多いかもしれませんので、初めましてDEJAVUのdj c-takaです。2001年にDEJAVUに加入しそれからずっと続けているわけなのですが、、仕事を始めてからというものなかなかイベントに参加する事ができず、いつの間にか影武者的な存在となってしまいました・・・。。ドラクエで言うとメタルキング並みのレアキャラです。

一番最近DEJAVUでやったのはたしか去年の2月(?)だったと思います。それぐらい間が空いてしまっているのですが、嬉しい事に次回DEJAVUは参加できそうな感じです↑ブランクはありますが、みなさんに楽しい時間を過ごしてもらえるように頑張りたいと思います!

イベントの詳細は後程掲載しますので、是非チェックしてみてくださ~い!!

c-taka
[PR]
by dejavusoundcrew | 2009-05-10 11:51 | C-TAKA
連休ボケ
まだgwのボケが残っている感じのDOONです。gwは相方が仕事という事もあり、特に遠出することもなく飲み会やパーティーにて費やされた感じです。5月2日は、CLUB SHAFTで開催された大先輩CAPさんのパーティー『Sincerely』へ遊びに行き、この日は4月から東京にて仕事に励んでいるPONJOくんもDJとして参戦していて、とてもピースフルな雰囲気で盛り上がっておりました。そして、同じ日にADDにて行われている『BEAT BREAKS』へも遊びに。GUEST DJにDJ HIRO(Optimo)さんを迎えての開催という事で、非常に楽しみにしていたのですが、なんといってもその音の良さにかなりやられました。PCでDJをなさってたんですが、ADDでは今までに聞いた事のないLOWがスピーカーから鳴っておりました。あのお腹に響いてくる低音は久々に味わったな~っと。非常に高品質な音で癒されました。そして、次回のDejavuの時は、アイタくんにサウンドチェックをぜひがんばってもらわねばと思いました。よろしく。

そして、今夜はというと我らがDJ KOHTAROがDJにて参戦いたします↓が@PANGAEAにて開催されます。かな~り濃い面子なので、ヤバイパーティーになると思いますので、ぜひ遊びに行きましょう。



c0010010_135870.jpg


『JOLT』

@PANGAEA

MICHINOKU MONONOKE TOUR
featuring
BEANSAN aka カジワラトシオ

GUEST DJ/
BEANSAN a.k.a. カジワラトシオ
MONOLITH


DJ/
KOHTARO(OUTERLIMITS Inc / deja vu sound crew)
HARUKA(FINGER IN IT)
SUZUKISS

OPEN 21:00

CHARGE/
WITH FLYER/2000yen1drink
DOOR/2000yen(No Drink)


サウンド・パフォーマンス・アーチストであるBEANSAN aka カジワラトシオは90年代初頭にNYでレコード・プレーヤーやテープ・マシンを多用した独自のパフォーマンス活動を始め、全世界でカルト的評判を極めたNYのレア・アナログ総本山、A-1 Record Shopの店長として13年間に渡り勤務していた経験を持つ。 その他、東京、山形、仙台から豪華ゲストDJを迎えてとことん踊らせます! どうぞ最後までたっぷり踊っていってください。



BEANSAN a.k.a. カジワラトシオ
サウンド・パフォーマンス・アーチスト。90年代初頭にNYでレコード・プレーヤーやテープ・マシンを多用した独自のパフォーマンス活動を始める。後にクリスチャン・マークレイ・トリオのメンバーとして世界各地をツアーする等の経歴を持つ。98年より5年間に渡り即興パフォーマンス・イベント、『phonomena』をNYのTONICで企画運営。同名の実験音楽レーベルを運営し、ジョン・アップルトンやリュック・フェラーリ等の未発表音源を紹介。主なコラボレーターにクリスチャン・マークレイ、ティム・バーンズ、ペーター・コワルド、シェリー・ハーシュ、DJ・オリーヴ、恩田晃、東野祥子、オクキュン・リー、マリーナ・ローゼンフェルド他多数。全世界でカルト的評判を極めたNYのレア・アナログ総本山、A-1 Record Shopの店長として13年間に渡り勤務、オブスキュアな音源の発掘と再評価においても長い活動歴がある。

MONOLITH
Miston主宰。2001年にコンピレーション CD発表後、フリーフォームなダンスミュージックを探究するイベント 『TAO』などのオーガナイズを始め、主に恵比寿みるくや東高円寺グラスルーツにて不定期開催。DJプレイは気付くと「あすっど」が混入するダンスミュージックが肝。ターンテーブリスト TAPSとのユニットZEFRのミックスCDをMASSAGE誌編集員によるレーベル『Skratch.jp』と共同でリリース。90年代初頭のハウスミュージックをテーマにしたkani 12 kaiとのスプリットMIX CD、アシッドハウスの遺伝子を受け継いだMIX CD『Magic Black』などをリリース。2004~2006年の大型野外フェスティバルRAWLIFE、2007・2008年FAIRGROUDなど常時数々のパーティーにて活動中。現在のレギュラーは『TAI』@東高円寺グラスルーツ。





DOOON
[PR]
by dejavusoundcrew | 2009-05-09 13:09
最近の私
お久しぶりですアツシです。みなさんGWいかがお過ごしでしょうか?私はというと、休みが3,4,6と微妙な感じになってるので遠出はできなそうです。

最近はというと、いろいろありまして免停になってしまいました。60日間免停で、免許センターで講習を受けて実質30日間の免停がきました。5月21日まで免停です。マジつらいです。
なので最近は家にこもってます。



てことで、あんまりブログに載せる内容がないので、カナダに留学してる妹から送られてきた画像を載せます。

オリンピックの会場にもなってるウィスラーでスノボーしてきたそうです。うらやましーです。

c0010010_0353525.jpg
c0010010_0362846.jpg

[PR]
by dejavusoundcrew | 2009-05-04 00:37